2014年7月3日木曜日

2014/07/05 その2 AngularJS福岡勉強会(第1回)



06. Controller兄弟のscopeは別物


兄弟にはきちんと別々の部屋(scope)をもっています。
お隣のscopeを覗く事が出来ません。




07. 親子関係のControllerは、子は親のscopeを使えます


scopeはDOMツリーにあわせて階層で作成されます。
自分のscopeに設定されたいない値は自分の親にあたるscopeに設定されていないか探しに行きます。




08. ngModelで値を入力


scopeのデータに値を入力する場合はngModelを使います。
Data Binding




09. Angularのサービスを作成


angular.module("hogehoge").factoryメソッドでデータと振る舞いを持つオブジェクトを登録します。
AngularのサービスはControllerからいつも同じオブジェクトが呼び出されます。
AngularJSのサービスについて Services




10. AngularのサービスでControllerのデータ共有


さきほどAngularのサービスはControllerからいつも同じオブジェクトが呼び出されるとありました。
ということはControllerが同じサービスを呼び出すとデータを共有できるということになります。


0 件のコメント:

コメントを投稿